■被覆線(マグネットワイヤ)の拡散接合サンプル




ベリリウム銅と被覆線(マグネットワイヤ)φ0.1の拡散接合




φ0.1線の圧着拡大写真


φ0.05線の圧着拡大写真




●コメント

「ブザーコイルの被覆線(マグネットワイヤ)の拡散接合」のページでも記述させていただきましたが、
基礎実験的な要素で見ていただきたいと思いました。 微細型のヒーター電極とMIROウェルダーを使い圧着させました。
ヒーター電極で被覆ごと加圧・通電しました。被覆は熱で飛び散り、芯線のみが基板のパターンに圧着(拡散接合)されました。
拡大写真(上から3番目と4番目のの写真)は60倍で撮影。 よく見ると被覆がまわりに飛び散っているのがわかります。

加圧力は300gほどで、追従性を考慮した微加圧ヘッドで行った為、φ0.05線も可能となっています。
ブザー・小型モーター・トランス・電磁弁など、被覆線(マグネットワイヤ)の端末処理などさまざまな可能性を秘めていると思われます。

※φ0.05線の圧着拡大写真の左下の黒い線みたいなものはホコリです。
  60倍で撮影してはじめて確認できました。申し訳ありません。

※拡散接合は溶接用語で説明させていただきます。
溶接サンプルに戻る


Copyright (C) 2003-2007 Micro Denshi Co.,Ltd. All Rights Reserved.   --HOME--