■MIROウェルダ MIRO2002S



MIRO2002sは矩形波を連続して出力することで正確な通電時間をコントロールできる。微細溶接用溶接電源です。




●特 長
1. ピーク電流可変方式により、溶接の溶け込みが制御可能です。
2. 電流の立ち上がりが短く、チリやバリの少ないきれいな溶接が得られます。
3. インバータ式に似た電流波形が得られます。
4. 通電時間はパルス幅の調整によりコントロールするために正確にな時間を管理できます。
5. アルミや銅などの固有抵抗の低い材質に対しても効果あり。
6.パラレルギャップ溶接などの微細型の溶接に効果があります。
7.電源の左脇に端子が出ていることで、2次導体の取り回しがよく効率の良い設置が可能です。


●MIRO2002s波形(矩形波)
ひとつのパルス幅をデジスイッチにより決定して、そのパルスを最大9パルス通電出来ます。
このコントロール方法で最大約89msの通電時間を確保できます。
(※MAX電流で最大通電時間を通電する場合、終了近辺で電流が落ちる場合があります。)
波形と波形の隙間はクール時間で100μsで固定値です。
正確な通電時間より、微細型溶接、パラレルギャップ溶接などに効果を発揮します。

下図の波形の場合は7パルスです。

●仕 様
形  式MIRO2002s
入力電源AC100V/200V 50/60Hz
入力容量0.5KVA
溶接エネルギ80Ws MAX
最大電流3000A(60SQ短絡時)
パルス幅9.9ms(デジスイッチにより0.1ms単位でコントロール)
パルス数MAX9パルス(最大電流で使用時は後半電流値が下がることがあります)
出力電圧0〜15V






方  式溶接電流ピーク値比較方式
設定値下限値
表  示GO→緑  NG→赤
出  力NG時 100ms オープンコレクタ方式
充電レディ通電OK時 点灯
冷却方式強制空冷
寸法 (mm) W×H×D230×360×450
重  量約21Kg

※「溶接について」のMIROウェルダーも参照ください。


製品案内に戻る
このページのTOPへ
Back  Next

Copyright (C) 2003-2007 Micro Denshi Co.,Ltd. All Rights Reserved.   --HOME--