■MSCT シールドケーブル端末処理装置



MSCTはシールドケーブルの網線部分を端末がバラバラにならないように切断する装置です。
ステンレス線および銅線の切断に対応しています。
本装置はマイクロ電子が特許を持つオリジナル装置です。[特許1528762号]

■MSCT-02      ※2010年開発を始めて、2011年に発売を開始しました。 MSCT-02カタログ(PDF) 

従来機はシールドを確実に切断するために大型の電源を使っていました。しかし、少ない電流で数回に渡る段階通電で切断することにより小型の電源を組み合わせることが出来ました。
結果、安価を実現できました。
切断確認機能が搭載されているので、段階通電中に切断が確認されたところで通電は終了して機構部が上昇→動作終了となります。
機構部もコンパクトになり重量は1/4以下にすることが出来ました。



MSCT-02外観写真

●特 長
・抵抗発熱により切断するために早くかつ端末が溶けているためにバラけないで状態を確保します。
・msec単位の短い時間の通電のため、焦げたりゆがんだりが少なく切断が出来ます。


●仕 様
名  称シールドケーブル端末処理装置
形  式MSCT-02
入力電源AC100V 50/60Hz
溶接エネルギ100Ws MAX ※ボリューム制御
制  御段階通電制御 1段〜5段(自動
切断確認機能
通電時間0〜10ms パルス幅可変
寸法 (mm) W×H×D機構部 180x310x200
電源 228x320x383
重  量機構部 約8Kg 電源 約15kg


MSCT-02の映像です。



MSCT-02で端末処理したステンレス被覆 小判型の熱電対補償導線の写真




MSCT-01の映像です。
熱電対の補償導線のステンレス被覆を切断(端末処理)



■切断の概要



上記は銅網線の切断部の拡大写真です。


●切断の順序
1.網線の切断箇所を電極で加圧通電する。
2.網線が抵抗加熱で発熱して切断される。
3.切断部を取り除く。
4.切断部分は熱で溶けて固まっている。

下図はイメージアニメです。
ケーブルを送付いただければ切断テストを行い、切断部の状況をご確認いただきたいと思います。


製品案内に戻る
このページのTOPへ
Back  Next

Copyright (C) 2003-2011 Micro Denshi Co.,Ltd. All Rights Reserved.   --HOME--