■シリーズスポット溶接



アニメGO


●シリーズスポット溶接について

溶接ヘッドを使い、左右の電極で溶接したいワーク(A.B)を上部から加圧をかける。 あらかじめ設定しておいた加圧に到達すると、溶接電源の通電開始スイッチがONされ、電流がワークを通電する。 このとき、ワーク間の抵抗により金属が発熱してナゲットが形成される。 原理はダイレクトスポットと同様だが2箇所の抵抗を電気が通過するため、2個のナゲットが形成される。 通常左右のナゲットの大きさは異なる。この現象をペルチェ効果と呼ばれている。 この2つのナゲットにより、ワークAとワークBは溶接されたことになる。

溶接についてに戻る


Copyright (C) 2003-2007 Micro Denshi Co.,Ltd. All Rights Reserved.   --HOME--